Top > 馬超(SP版)
HTML convert time to 0.001 sec.


馬超(SP版) の変更点


 *馬超(SP版) [#k875c2c0]
 ----
 #contents
 ----
 **基本データ [#a3264c68]
 |~出現条件|&color(green){蜀}; 初期武将|
 |~特殊技タイプ|神速|
 |~CV|服巻浩司|
 
 **攻撃方法 [#v3143b35]
 |>|~攻撃方法|~備考(活用法など)|h
 |~連攻撃|左右に振る→回転斬り→斬り上げ(1)|リーチ・範囲共に申し分なく、従来の大剣タイプと比べると振りも速め。&br;癖も少なく使いやすい仕上がりとなっている。&br;属性付加は3.7.11段目と∞全て。|
 |~連攻撃|左右に振る→回転斬り→斬り上げ(1)|リーチ・範囲共に申し分なく、従来の大剣タイプと比べると振りも速め。&br;連2キャンセルで回すのが前進距離、攻撃範囲の面で非常に強力。&br;属性付加は3.7.11段目と∞全て。|
 |~|→左右に斬り上げ→横薙ぎ(2)|~|
 |~|→さらに左右に振る→少しステップして斬り込み2連(3)|~|
 |~|→斬り上げ・横薙ぎの連続(∞)|~|
 |~強攻撃|正面に突き→斬り上げ(1)|初動が遅く、ガード崩しには使いにくい。&br;また、∞最後の衝撃波以外は前方へ攻撃が集中しており、後方がお留守になりがち。&br;使い易さも殲滅力も連攻撃の方が優っている。封印して良い。|
 |~|→前方180度ぐらい炎付きの斬り払い(2)|~|
 |~強攻撃|正面に突き→膝崩れ効果の斬り上げ(1)|初動が遅く、ガード崩しには使いにくい。&br;また、∞最後の衝撃波以外は前方へ攻撃が集中しており、後方がお留守になりがち。&br;使い易さも殲滅力も連攻撃の方が優っている。封印して良い。|
 |~|→前方180度ぐらい炎属性気絶付与の斬り払い(2)|~|
 |~|→前方に渦状の衝撃波を飛ばす(3)|~|
 |~|→周囲に衝撃波(∞)|~|
 |~強溜め|全方位薙ぎ払い&br;(3)で炎が付き、∞なら前方に衝撃波も飛ばす|主に集団戦用。武器属性を問わず炎が付く。|
 |~強溜め|全方位薙ぎ払い&br;(3)で炎が付き、∞なら前方に炎属性斬撃波を飛ばす|∞時に前方への長いリーチを誇る。牽制や遠めのガード崩しにどうぞ|
 |~J攻撃|前方を薙ぎ払う|普通。|
 |~J強撃|炎属性のズドン|チャージ後さらに少し飛び上がる。&br;これを利用する事で普通のジャンプでは届かない段差等に届いたりもする。&br;ズドンは範囲は広めなので乱戦で遊びで撃っても良い、ガード崩しが出来れば一応殺陣連にもつながる。|
 |~D攻撃|斬りこみ|出は早いのでD強撃と使い分けよう。|
 |~D強撃|斬り上げてから横衝撃波を飛ばす|出は遅いが、突撃の初手には良い。|
 |~殺陣(連)|回転斬り→ダウンした相手に振り下ろし|最初の回転斬りは周囲を巻き込む。回転中はずっとつかみ判定が武器に乗っているので位置が合っていれば一回転した後でも掴める|
 |~殺陣(連)|回転斬り→ダウンした相手に振り下ろし|最初の回転斬りは周囲を巻き込む。回転中はずっとつかみ判定が武器に乗っているので位置が合っていれば一回転した後でも掴める。掴み判定は馬超の左前方に発生するため若干の癖がある。|
 |~殺陣(強)|斬り上げ→相手をそのまま引きずって前方に飛ばし、前方に縦衝撃波|巻き込みは無いが、威力は割と高め。|
 |~回避|剣を突き立てそれを軸に回転|回避の動作中に連攻撃入力すると単発に化けるので注意。|
 |~弾き返し|はじき返す|普通|
 |~弾き飛ばし|回転斬り|割と広範囲。|
 |~鍔迫り合い圧勝|振り回し→相手の方角に衝撃波|周辺全方位と前方直線上の敵を巻き込む。ヒットした敵はすぐ傍に倒れるので起き攻めしやすい。|
 |~弾き飛ばし|回転斬り|割と広範囲だが前方への判定がやや弱い。|
 |~鍔迫り合い圧勝|振り回し→相手の方角に衝撃波|周辺全方位と前方直線上の敵を巻き込む。ヒットした敵はすぐ傍に倒れるので起き攻めしやすい。積極的に狙うべし|
 |~無双乱舞|連攻撃→爆発→振り回し→全方位に衝撃波|連攻撃が優秀なので使いやすい。&br;〆の爆発〜衝撃波も範囲が広い。&br;爆発から衝撃波までの間に敵が飛んでいってしまう事があり、一人に対して〆を全て当てるのは難しい。&br;基本的には長押しで対武将用。チョン押しは振り回し部分の動作が長い+リーチが短いのでザコ殲滅には少々テンポが悪い。緊急回避には使える。|
 |~真・無双乱舞|炎付き|最後の台詞が「タラバだ!」に聞こえてしまう。|
 |~馬上連撃|右側に大剣をブンブン振り回す|癖のない標準的な性能。使いやすい。&br;残念ながら今回の馬超は馬に乗ると凡人と化す。|
 |~馬上強撃|右側を薙ぎ払う|動作前の溜めが長いが、動作後の硬直は短め。&br;一応騎乗プレイのガード崩しに使える。|
 |~馬上無双|連攻撃→強攻撃と右に地響きで〆|地響きは炎属性。|
 |~特殊技|神速:移動がダッシュ化&br;D連は斬り上げ→少し飛んでさらに斬り上げ、D強は地面に向かって剣を突き立てて爆発&br;強化スキル:猛進・極、大喝、延長、伝書袋|猛進・極があるので体当たりは強いが、モーションがいまいち。神速強は敵集団のやや遠間から発射するとちょうどよく爆発が命中する、1人を狙うのには向かない|
 
 -愛用していた槍を捨てて大剣使いに転身。
 大剣にしては振りが速め。全キャラ中でもどちらかと言えばリーチは長めだが、やはり無印の頃の槍と比べるとやや短くなった点は否めない。
 -基本的に振り回す技が多いので範囲に問題はない。攻撃速度も遅くないので使いやすい。
 欠点らしい欠点を言えば、強攻撃に炎が付くなどで多少魅力が落ちるといったところか…。
 -対集団でも対敵将でも、とりあえず連攻撃を振り回していれば何とかなる。
 より殲滅力を上げるなら、2連キャンセルが範囲・速度の面で優秀。
 属性付加を狙うなら3連。タイマンになれば勿論、キャンセルを使って敵が死ぬまでループ攻撃。
 -連攻撃が優秀なのでダメージ源は十分なのだが、問題は安定したガード崩し方法がない事。
 強攻撃は出始めの溜めが長過ぎ、混戦の中では使い難い。
 強攻撃は出始めの溜めが長過ぎる上に死角も多いので、混戦の中では使い難い。
 殺陣(強)もそれほど出が早いわけではない。無敵時間がある分、使いやすいという程度。
 ヒット後に相手を遠くに飛ばしてしまうので、その後の追撃が難しいのも微妙なところ。
 無双ゲージはためやすいのでチョン押し無双を使っていくのも手ではある。
 -混戦ではむしろ積極的にガード崩しを狙うよりも、弾き返し・弾き飛ばしを起点にした方が攻撃はしやすい。
 一度攻撃を当て始めれば自慢の連攻撃で一気に崩せる。
 -また、無理にガード崩しを狙わず、一旦手を止めて敵がガードを解くのを待ったり、別のガードが甘い敵に狙いを変えるなども良い。
 敵の動作後硬直や着地際など無防備な瞬間を敏感に見つけ、切り崩していくのが大切。
 -武器タイプは標準ならリーチが伸び、連攻撃の範囲の広さがより活きる。
 強攻撃の集団戦での使いにくさもあるため連のリーチを伸ばせば集団戦を有利に進められる。武将の弾きには注意。
 強攻撃の集団戦での使いにくさもあるため、連のリーチを伸ばせば集団戦を有利に進められる。武将の弾きには注意。
 リーチ面では若干見劣りするが、技武器で火力特化、力武器でガード崩しを補うというのも扱い易い。力では連∞の薙ぎラッシュは火力と範囲に優れるので武将・雑魚両方に使える。
 どちらも武将戦は楽になるが混戦では標準よりやや気を使う。ラッシュを掛けるときは左右にヌルヌルとスティックを前に倒しつつ動かしながら攻撃すると横槍を潰しやすい。広い場所では二連が前進が大きいので3~4回ガードで回してから∞まで繋げると良い。
 PSP版では技武器の効果がないので注意。
 -武器属性は氷がやはり安定するが、2連は1人へのスナイプと集団への牽制どちらもいけるので精霊印付きの炎も良い。踏み込みが大きいのでぐんぐん押していけるのも強み。
 -騎乗攻撃力の項が無くなり、モーションも他キャラと大差ない。
 今までの馬超の最大の特徴であった「馬上最強」という特徴は無くなってしまった。ちょっと残念。
 -大剣が得物かつムービーでの振る舞いのせいか、どことなく北方三国志の馬超っぽい。
 -槍関連の台詞は直されている模様。「正義の槍」は「正義の刃」へ。
 -2Pカラーは「錦」ならぬ「金」馬超。
 -対曹操用なのか蜀将では珍しく耐氷のスキル持ち。
 -地味に馬超のための完全新規固有武器&モーションは今回が初、意外である。
 
 **戦場・ムービー [#r6fa6eb6]
 |~章|~戦場|~シナリオ|~難易度|~獲得武将|~ムービー|h
 ||CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
 |~第一章|潼関の戦い  |&color(Gray){連合軍};|1|-     |潼関に雪辱を誓う|
 |~|~|~|~|~|流浪の旅へ|
 |~第二章|成都制圧戦  |&color(Olive){劉璋軍};|2|-     |相容れぬ主従|
 |~|~|~|~|~|待ち受ける罠|
 |~第三章|荊州の戦い  |&color(Green){蜀軍}; |3|-     |大徳に導かれて|
 |~第四章|定軍山の戦い|&color(Green){蜀軍}; |4|夏候淵|仁の人に触れて|
 |~第五章|夷陵の戦い  |&color(Green){蜀軍}; |5|-     |歪|
 |~第六章|街亭の戦い  |&color(Green){蜀軍}; |6|-     |仇敵を目の前に|
 |~|~|~|~|~|最後の一閃|
 |~エンディング|||||風吹く故郷へ|
 
 **武器データ [#z68d7f83]
 |~タイプ|~武器名|h
 ||CENTER:|c
 |~標準|破軍|
 |~力 |破山|
 |~技 |破嵐|
 
 **スキルツリー [#ebc9520a]
 「馬」をイメージしていると思われる。
 
 //空白、サイズ14の全角文字・口(くち)
 //記号、サイズ15・/\─
 //数字、半角文字
 
 &color(White){&size(14){口口口口口口口口口口口};};01&color(White){&size(14){口口口};};02
 &size(14){&color(White){口口口口口口口口口口};/&color(White){口};\&color(White){口};/&color(White){口};\};
 &size(14){&color(White){口};};03&size(15){―――};04&size(14){&color(White){口口口};};05&size(14){&color(White){口口口};};06&size(15){―};07&size(15){―};08&size(15){―};09&size(15){―};10
 &size(14){&color(White){口口口口口口口口};/&color(White){口口口口口口口};\&color(White){口};/&color(White){口口口};\};
 &size(14){&color(White){口口口口口口口};};11&size(14){&color(White){口口口口口口口口口};};12&size(14){&color(White){口口口};};13&size(15){―};14&size(14){&color(White){口口口};};15&size(14){&color(White){口口口};};16&size(14){&color(White){口口口};};17&size(14){&color(White){口口口口口};};
 &size(14){&color(White){口口口口口口};/&color(White){口口口口口口口口口口口};\&color(White){口};/&color(White){口口口口口};/&color(White){口};\&color(White){口};/&color(White){口};\&color(White){口};/&color(White){口};\};
 &size(14){&color(White){口口口口口};};18&size(14){&color(White){口口口口口口口口口口口口口};};19&size(14){&color(White){口口口};};20&size(15){―};21&size(15){―――};22&size(15){―――};23&size(15){―――};24
 &size(14){&color(White){口口口口};/&color(White){口};\&color(White){口口口口口口口口口口口口口};\&color(White){口};/&color(White){口};/};
 &size(14){&color(White){口口口};};25&size(14){&color(White){口口口};\&color(White){口口口};};26&size(15){―};27&size(15){―――――――};28&size(15){―};29
 &size(14){&color(White){口口};/&color(White){口口口口口};\&color(White){口};/&color(White){口};\};
 &size(14){&color(White){口};};30&size(14){&color(White){口口口口口口口};};31&size(14){&color(White){口口口};};32&size(14){&color(White){口口口口口口口口口};};33&size(14){&color(White){口口口};};34&size(14){&color(White){口口口};};35&size(14){&color(White){口口口};};36&size(14){&color(White){口口口};};37
 &size(14){&color(White){口口};\&color(White){口口口口口};/&color(White){口口口口口};\&color(White){口口口口口口口};/&color(White){口};\&color(White){口};/&color(White){口};\&color(White){口};/&color(White){口};\&color(White){口};/&color(White){口};\&color(White){口};/};
 &size(14){&color(White){口口口};};38&size(15){―};39&size(15){―};40&size(14){&color(White){口口口口口口口};};41&size(14){&color(White){口口口口口};/&color(White){口口口};};42&size(15){―――};43&size(15){―――};44&size(15){―――};45
 &size(14){&color(White){口口口口口口口口口口口口口口口口};\&color(White){口口口};/&color(White){口口口口口口口口口口口};/};
 &size(14){&color(White){口口口口口口口口口口口口口口口口口};};46&size(15){―};47&size(15){―――――――――};48&size(15){―};49
 
  
 |>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|~No.|スキル名|h
 |~01|耐氷|~08|無双+|~15|闘志|~22|無双+|~29|攻撃力++|~36|全能力+|~43|連舞∞|
 |~02|無双+|~09|伝書袋|~16|全能力+|~23|攻撃力+|~30|体力+|~37|延長|~44|攻撃力+|
 |~03|攻撃力+|~10|防御力+|~17|猛進・極|~24|防御力++|~31|攻撃力+|~38|体力+|~45|防御力+|
 |~04|馬術|~11|無双+|~18|攻撃力+|~25|無双++|~32|連舞3|~39|強壮|~46|無双++|
 |~05|体力+|~12|防御力+|~19|無双+|~26|耐雷|~33|大喝|~40|防御力+|~47|攻撃力++|
 |~06|無双+|~13|体力++|~20|体力++|~27|体力+|~34|攻撃力++|~41|無双+|~48|獲書|
 |~07|防御力+|~14|全能力+|~21|体力+|~28|猛進|~35|防御力++|~42|無双+|~49|防御力++|
 - 各スキル効果は『[[データのスキル>スキル]]』を参照して下さい。
 
 **固有セリフ [#h9051e6f]
 |~セリフ|~状況(該当シナリオまたは関連キャラ)|h
 |薙ぎ払う!|無双乱舞|
 |これで決めるっ → さらばだっ!|真・無双乱舞|
 |目に物を見せてやる!|特殊技使用|
 |いいだろう、勝負だ!|一騎討ち開始|
 |情けない奴め!|一騎討ち圧勝|
 |でやっ!|つばぜり合い圧勝|
 |敵将、馬孟起が討ち取った!|敵将撃破|
 |よし、この拠点はもらったぞ!|拠点制圧|
 |一気に攻め上がる! 俺に続け!|攻勢|
 |俺達の闘志で、敵を貫く! 行くぞ!|突撃|
 |我らはここの防備にあたる。 逸る心を抑え、磐石の構えを成すのだ!|守勢|
 |この勝利こそ、正義の証!|勝利|
 |何たる事だ! 俺が居ながら…!|敗北|
 |いざ! この馬孟起が相手だ!|遭遇|
 |貴様一人か。 その胆力は認めよう!|遭遇(単騎)|
 |曹操! その首、馬孟起が貰い受ける!|遭遇(対曹操)|
 |つ、強い! このままでは、まずいか……?|苦戦|
 |なんのこれしき……。 俺の心、決して折れはしない!|危機|
 |敵の強さなど問題ではない! 俺の力で蹴散らしてみせる!|危機|
 |悔しいが、ここまでか…すまない、俺は退かせてもらう!|撤退|
 |貴様の顔、覚えておくぞ……。 次に会ったときは俺が勝つ!|逃亡|
 |曹操…! 次こそは必ず貴様を倒す!|逃亡(対曹操)|
 |馬鹿な……まだ死ぬわけには……|死亡|
 |俺の力は……この程度だったのか……|討死|
 |涼州の武は……中原を貫けなかったか……|討死(対曹操)|
 |我こそは馬孟起、真の三國無双よ!|千人撃破|
 |やりますな! 我が闘志にも、火がつきましたぞ!|奮起(格上)|
 |おお、やるな! 俺もその勢いに続こう!|奮起(同格)|
 |見事だ、趙雲殿! 俺も遅れをとるわけにはいかん!|奮起(対趙雲)|
 |おお、いい戦ぶりだ!|称賛|
 |流石は趙雲殿! 俺も見習いたいものだ|称賛(対趙雲)|
 |ご助勢とはありがたい! この御恩、必ずや報いましょう!|援軍感謝(格上)|
 |援軍か! 助かったぞ! お前には借りを作ってしまったな|援軍感謝(同格)|
 |おぉ、趙雲殿か! すまない、面倒を掛けたな|援軍感謝(対趙雲)|
 |手を貸そう! 俺を忘れて貰っては困るぞ、趙雲殿!|援護(対趙雲)|
 |趙雲殿、こちらへ! 俺達の力を合わせ、敵を打ち破るぞ!|加勢(対趙雲)|
 |我らの力を合わせれば、敵はない! そうだな!趙雲殿!|連携成功(対趙雲)|
 |行こう、趙雲殿! 共に敵を貫くのだ!|同行要請(対趙雲)|